店長ブログ

むくみと冷え 番外編

  • 投稿日:2016.10.25

今回はむくみと冷えの番外編として着圧ソックスについてお伝えします。
上手に利用して少しでもいい状態をキープしたいですね。

~手軽に利用してみたい【着圧ソックス】~

適度な圧力をかけて血液の循環を促進し、むくみを解消することで注目されている
着圧ソックス。
実は以前から下肢静脈瘤や深部静脈血栓、リンパ浮腫の予防のために医療目的で
使われていました。実際、私も使ってます。
むくみを防止してすっきり細い足を保ちたい女性のニーズにマッチしたことから、
急速に一般用として用いられるようになり、種類もさまざまなものが販売されるように
なりました。

着圧ソックスの効果と仕組み

心臓から動脈を経由して送り出された血液は、身体を一巡りして心臓に戻ってきます。
その際、心臓に戻る静脈の血行を促進するために、足にある筋肉がポンプの役割を
果たしています。しかし、長時間にわたって立ったまま、あるいは座ったままでいると、
疲労によって足の筋肉のポンプ機能が衰えてしまいます。
それが、むくみの原因となっているのです。
このポンプ機能を手助けするために考え出されたのが、着圧ソックスです。

着圧ソックスを着用した際に期待できる効果は

  • 足の血液循環を促進
  • リンパ液の流れを促進
  • 老廃物除去の効率を促進

一般的に、足の部位によって段階的に異なる圧力がかかるように作られています。
最も高い圧力を足首部分にかけ、ふくらはぎから太ももにかけて徐々に圧力を下げる
ことで足先からの血液やリンパの流れを促進し、むくみを防止する仕組みになっています。

着圧ソックスは圧力で選ぶ

一般用では足首20〜30 hPa(ヘクトパスカル)、ふくらはぎが10〜20hPa、太ももは
5〜15hPaくらいの圧力で充分な効果が期待できます。
ソックスのパッケージには圧力が記載されています。記載されている単位はmmHg
(水銀柱ミリメートル)とhPa(ヘクトパスカル)の2通りあり、基本的に数値が大きい
ほど圧力が高くなります。

着圧ソックス使用の注意点

着圧ソックスの圧力によって血液やリンパの流れを促進しますが、本来その役割は
足の筋肉が担うべきものです。この機能を衰えさせないために、例えばたくさん歩き
回る日中や生理前のむくみやすい時期に限って使用するなど、生活パターンや体調に
応じて使い分けることをお勧めします。

着圧ソックス使用に注意が必要な方

一般的な需要が広がったこともあり、無理な圧力によるトラブルも発生しています。
特に次の持病がある方は医師に相談してから着用するようにしましょう。

  • 閉塞性動脈硬化症
  • バージャー病
  • 糖尿病

私も冬場は着圧ソックスの上からウールの靴下をはいて仕事をしています。
帰宅してから脱いだ時の解放感も好きです。一度お試しあれ。

 

むくみと冷え つづき

今回は【むくみと冷え】の解消法についてお伝えします。

足のむくみ取りの解消のポイントは「老廃物を溜め込まない」「冷やさない」こと。

「老廃物を溜め込まない」
とにかく血流やリンパ液の流れを阻害するような、姿勢、生活習慣はさけ、特に同じ姿勢
による血行不良での足のむくみを解消するためには、足先やふくらはぎを、座ったままでの
状態でも、常に動かすように意識することです。

「冷やさない」
冷えは血流を悪くするので、その結果足に溜まった血液や水分が循環しにくくなり、
むくみにつながります。
また夏場のエアコンの冷風は、部屋の下部に溜まりますので、思った以上に足の冷えに
つながります。仕事でデスクワークが多い女性などは、レッグウォーマーなどを上手に
利用して、冷風が直接足に当たらないようにするなどの工夫することも、足のむくみを
解消するためのポイントです。

~マッサージで足の【むくみと冷え】を解消~

足には血行をよくする為のツボがたくさんあります。
足をマッサージする事によりある程度の【むくみと冷え】は解消する事ができます。
・・・でも自分でやるのは疲れちゃうんですよね。
そんな時は是非ぼでぃーはーとで【足つぼ】をどうぞ♪

足のマッサージ
1.片足を伸ばして、もう片方の足をももの上に載せます。
2.小指がら順番にマッサージしていきます。
(指の両脇は血管が通っているため念入りに行いましょう)
3,指の股をつまみ、指の間を広げます。
4.指を1本づつひっぱります。
5.足の裏を順番に指圧していきましょう。
6.足の指の間に手の指を入れ、足首を回しましょう。
足のマッサージその2

足裏たたき
1.拳をつくり、手の甲で足の裏を順番にたたいていくだけです。
※痛いと思うほど強くは叩かない事。

マッサージにプラスして、むくみをとるツボを覚えておくと、いっそう効果的!
ツボ押しのポイントは、「強すぎず弱すぎず」
ゆっくりと息を吐きながら押し、ゆっくりと息を吸いながら離していきます。
力を入れる長さは、1回3~5秒くらいが適当です。3~5秒押して3~5秒離す、
というサイクルを5~10回繰り返します。
あまり長く押しすぎたり、押す回数が多すぎたりすると、経絡が圧迫されて逆に
気血の流れが悪くなることがあるので要注意!
痛気持ちいいくらいの強さで押すようにしましょう。

湧泉(ゆうせん)
足の裏の真ん中の少し上のあたり、足指を曲げた時にへこむ場所です。
足のむくみの他にも、一日中の立ち仕事や長時間の歩行、筋肉疲労などに効果が
期待できます。身体の冷えや生理痛がひどい人にもおすすめのツボです。

足心(そくしん)
足の裏のちょうど真ん中に位置します。
このツボを刺激することで、腎臓の働きをよくして体内の水分量を正常にする効果が
ありますので、身体の水分量が増えるむくみには最適です。

心臓(しんぞう)
このツボは、左足の裏にのみあります(右は違うツボです)。場所は、左足裏の中指と
薬指の下3~4cmのところです。ここは、血流を良くするツボになるので、下半身の
うっ血したことによるむくみや、老廃物のつまりを解消するのに効果的なようです。

水泉(すいせん)
足の内側のくるぶしの斜め後ろに位置するツボです。
このツボは、体内の水分代謝を助ける働きをします。
また、ホルモンバランスを整える効果も期待できるので、生理中の足のむくみでお悩み
の人にも非常におすすめのツボです。

委中(いちゅう)
膝の真裏にあるツボ。
あまり強く押しすぎるると痛みがでるのでご注意ください。

~食べ物で足の【むくみと冷え】を解消~

【カリウム】
体内の塩分と水分を尿と一緒に排出してくれる利尿作用効果があるのだとか・・・!
どれも気軽に取り入れやすい食べ物ですね。
・野菜・きのこ類・・・とうがらし、里芋、にんにく、さつまいも、パセリ、しそ、
ほうれん草、エリンギ、キャベツ、切り干し大根など
・海藻類・・・こんぶ(乾)、わかめ(乾)、とろろこんぶ、ひじき(乾)、焼のりなど
・果物・・・アボカド、干しぶどう、干し柿、バナナ、プルーン(乾)、キウイなど
・豆類・ナッツ類・・・大豆、小豆、えんどう豆、いんげん豆、落花生、アーモンド、
松の実、カシューナッツなど
・魚介類・・・スルメ、干しえび、煮干し、鰹節、アジ、さわらなど

【クエン酸】
身体の老廃物を排出し、代謝促進の効果あり!
血の巡りを良くすることで、むくみ解消に繋がるんです
他に疲労回復する嬉しい効果が!
梅干・トマト・レモン・グレープフルーツ・お酢など

【ビタミンE】
アーモンド食べ過ぎ3ビタミンEの含有量が高い順に表すと、
「アーモンド、ひまわり油、とうがらし、抹茶、すじこ」
ビタミンEは血管の汚れを掃除する作用があります。そのため栄養が運ばれやすくなり、
老廃物も排出されやすくなると言われています。

~適度な運動で足の【むくみと冷え】を解消~
基本的なことですが、足のむくみ対策には適度な運動も重要です。

特にふくらはぎの筋肉を強化することで、ふくらはぎの筋肉のポンプ機能が強化され、
足に降りた血液を、心臓に戻してくれる働きをしますので、結果、足にたまる水分が減り、
足のむくみが解消されます。
そのために、爪先立ちを繰り返す運動や、軽いランニングも効果があります。

そして運動後のストレッチ。しっかり取り組んでくださいね。
さて次回は番外編としてお助けアイテムの着圧ソックスについてお届けします。

 

むくみと冷え

  • 投稿日:2016.10.13

足のむくみ、その原因と解消法については様々な場面で取り上げられているのですが、
意外と知っているようでいて知らずに過ごしている方が多いようです。
塩分や糖分、水分の過不足、また不規則な生活で自律神経の調整機能が乱れることで、
脚がむくみやすくなります。

今回は特に「むくみと冷え」について簡単にまとめてみました。

むくみとは、静脈やリンパの流れが滞り、老廃物が管から漏れ出して細胞のすき間に
溜まってしまうことをいいます。
ふくらはぎは第二の心臓と言われていますが、このふくらはぎの筋肉を使って静脈や
リンパ管をポンプのように動かし、老廃物を上半身へと押し上げるものなのですが、
筋肉が衰えてポンプ作用がうまく働かなくなると、体内の水分や老廃物が下半身に
滞りやすくなり、むくみが生じます。

その症状を悪化させる要因として、冷えも大きく関係しています。

「冷え性」日本人女性の約8割が悩んでる症状だと言われています。
自分の手を足の内くるぶしから3本分上の部分にあてた際に「冷たい」と感じたり、
押した時に「痛い」と感じる場合は、脚が冷えている証拠です。

このような冷え状態が続くと血流が悪くなるのと、皮膚の下に水分がたまった状態になり、
むくみが発生します。
むくんだ状態は筋肉を硬くし、循環が悪くなり、冷えを増長してしまうのです。
さらに筋肉が硬くなることで脂肪も燃焼しにくくなり、皮下脂肪も溜まりやすくなって、
脚がどんどん太くなるといった悪循環を招くことになりかねません。
冷えた脚はむくみだけでなく、筋肉を硬くすることで贅肉も付きやすくしてしまうのです。

例えば冷たい飲み物を大量に飲むと、体の組織や、血管を収縮させてしまうことになり、
むくみの原因となります。
そして、冷たい飲み物は胃腸を冷やしてしまい、消化を悪化させてしまう恐れもあります。
消化が悪くなると下痢を起こし、その結果代謝や血行不良に陥ります。
これもむくみの原因となり、セルライトができやすくなります。

足つぼの施術をさせていただくと冷えていた足が温まるだけでなく、滞っていたリンパ液が
流れることでむくみも解消され、血流がよくなり、温まった内臓が動き始めるのでお腹が
鳴る方がたくさんいらっしゃいます。
こんな時は「しめた!」と思います。けっして恥ずかしいことではないんですよ。

次回はむくみの解消法についてお伝えしていきますね。

 

私が貧血!

  • 投稿日:2016.10.05

今日の午後あたりからなぜか冷や汗が・・・。
これはホットフラッシュではない。
おでこが冷た~くなっていく感覚があり、
血圧が下がってるなと思いながら施術していました。

自分がなっている症状が貧血によるものだと気付くのに
少々時間がかかってしまい、
考えてみたら今週は生理が来ていて
さらに昨日は人間ドッグで3本ほど採血し・・・。

「血が足りな~い!!!」

ということで・・・。

 

店舗情報

〒266-0031
千葉市緑区おゆみ野3-17-7 沖ビルA101

TEL:043-300-0555(10:00~20:00)
080-6673-6600(8:00~23:00)

営業時間(年中無休)

全日 9:00~23:00

スタッフ常駐は10:00~21:00
※~10:00と21:00~は要予約
※23時以降は応相談
※電話受付は8:00~23:00

アクセス

JR鎌取駅南口より徒歩1分
イオン鎌取店(ゆみ~る)向い
パチンコピーアークおゆみ野店隣

※店舗前駐車場有
各種駐車券補助制度有

アクセス

店舗地図