店長ブログ

むくみと冷え 番外編2

  • 投稿日:2016.11.10

温泉地に行くと駅前などでもよく目にするのが、気軽に利用できる足湯の施設。
衣服を脱がずに気軽に温泉気分を味わえるので体験された方も多いのでは?
実は冷えの改善にも足湯は効果的です。
「むくみと冷え」でもお伝えした通り、身体が冷えた状態が長く続くと血流が悪くなり、
余分な水分が溜まりやすくなるためにむくみます。
足湯を活用して冷えとむくみから足を守りましょう。

足湯とは?

椅子に腰掛けた状態で、足をふくらはぎの中ほどぐらいの高さまでお湯に浸けます。
じんわりと血行が良くなって全身を温めることができ、全身浴に比べて心臓や肺など
内臓への負担が少ないのが特徴です。
その血行促進効果は半身浴と同様で、身体全体が温まることで発汗作用もあります。
体力の消耗が少なく、入浴による疲労や衰弱が心配な方でも行えることから、医療や
介護の現場では古くから足浴として取り入れられてきました。

足湯がむくみに効くワケ

(1)リラックス効果が高く、血流が改善する
足湯をすると自律神経の一種である副交感神経の働きが高まり、緊張が解きほぐされて
血流が改善します。
緊張状態では交感神経が優位にたち、血管が収縮して血液の流れが悪くなってますが、
副交感神経が優位になることで、むくみから解放されます。

(2)肝臓機能が向上し、アルブミンが生成される
足湯によって身体の外側から熱が与えられると、常に一定の体温を維持するために
熱を発生し続けている肝臓に余力が生まれ、肝臓の機能が高まります。
そのため、血管内に水分を保持する成分であるアルブミンがしっかり生成されることで、
余分な水分を血管に取り入れる働きを正常に行えるようになり、むくみを改善します。

(3)むくみを防止し、免疫機能が向上
副交感神経の働きが高まることによって、免疫を司るリンパ球の一種であるナチュラル
キラー細胞(NK細胞)の活性が実験により認められています。
NK細胞はがん細胞に対する免疫力を高めるとされ、今最も注目度の高いリンパ球の1つ。
これが、血管内の水分を調整してむくみを防止するアルブミンと密接に関係している
ことが分かってきました。

ぼでぃーはーとは40分以上のコースで整体と足つぼを組み合わせることが可能です。
通常、足裏の施術で20分、ふくらはぎ、膝上までで40分くらいのお時間がかかりますが、
お身体の状態によっては時間配分を調整することも可能ですし、ふくらはぎのみを
クリームを使って流す、なんてことも可能です。
当店、レンタルウエア(短パン50円)のご用意もありますが、お着替えをお持ち
いただいているお客様も多いです。

足元が温かいと体もぽかぽかしてきます。
メルマガ会員様には整体と足つぼがセットでお得なコースもご案内しています。
是非、ご利用ください。

 

--------------------------------------------
肩こり・腰痛改善は、おゆみ野・鎌取の
リラクゼーションサロン・整体
ぼでぃーはーと
--------------------------------------------

店舗情報

〒266-0031
千葉市緑区おゆみ野3-17-7 沖ビルA101

TEL:043-300-0555(10:00~20:00)
080-6673-6600(8:00~23:00)

営業時間(年中無休)

全日 9:00~23:00

スタッフ常駐は10:00~21:00
※~10:00と21:00~は要予約
※23時以降は応相談
※電話受付は8:00~23:00

アクセス

JR鎌取駅南口より徒歩1分
イオン鎌取店(ゆみ~る)向い
パチンコピーアークおゆみ野店隣

※店舗前駐車場有
各種駐車券補助制度有

アクセス

店舗地図