ぼでぃーはーとブログ

コロナ明け後の備えが不可欠な4つの課題

こんにちは!
千葉市緑区おゆみ野にある、JR鎌取駅前「リラクゼーションサロン ぼでぃーはーと(本店)」と「ネイル/アイラッシュ/エステ&リラックスサロン ぼでぃーはーとLian」です。

非常事態宣言が解除され当店の周りにも徐々に賑わいが戻りつつあります。
この賑わいがずっと続いてくれればいいのですが、おそらくそうは問屋が卸さないと考えています。
個人的にはこの先を大きく左右する課題が4つ程あり、これらの行方をしっかりと見極めて対応していかないと瞬殺されかねない過渡期に差し掛かっていると感じています。

一つ目は「コロナ後大不況問題」で、この何日かは自粛生活からの解放と給付金配布の目くらましで賑わいを呈していますが、その裏では失業率や倒産件数がうなぎ上りに増加しており、目前に迫っている大不況へのしっかりとした備えをしておかないと足元をすくわれてしまうと考えています。

二つ目は「200兆円超の補正予算のつけの問題」で、この大不況が迫っている状況でここまで大量の赤字国債を発行してしまうと、個人的にはこの先は「年金給付開始時期を70歳位まで大幅に遅らせる」しか打てる手はないと考えています。
そうなると、年金が支給されるまでは働ける者は働き続けるしかなく、小手先ですぐに対応できる問題ではないのでこの先はそれらを見越した対応が不可欠になってくると考えています。

三つ目は「コロナの第2波の問題」で、コロナは太陽光に弱いようなので夏場はそれほど猛威を振るわないとは思いますが、それでも新規感染者は自粛解除後再び増加に転じており、更にロシアやブラジルの状況とこれらの国の指導者の資質を加味するとコロナの第2波の襲来は避けられないと考えています。
個人的には日差しが弱まる秋頃が要注意時期と踏んでおり、第2波への備えとコロナ対策の継続は必要不可欠と考えています。

四つ目は「コロナによって大きく変化した生活様式問題」で、在宅勤務や宅配ニーズの増加に代表される様々な生活様式の変化は今後お客様の動向にも様々な変化をもたらすと予測しており、この変化をしっかりと捉え追従できないとその先は衰退しかないと考えています。

コロナ発生前までは、整体屋のおやじは集客と店の切り盛りのことだけを考えていればどうにかやってこれましたが、コロナ明け後はそれだけではやっていけなくなる現実を痛切に感じています。

課題

通常営業再開

こんにちは!
千葉市緑区おゆみ野にある、JR鎌取駅前「リラクゼーションサロン ぼでぃーはーと(本店)」と「ネイル/アイラッシュ/エステ&リラックスサロン ぼでぃーはーとLian」です。

非常事態宣言の解除に伴い近隣のお店も徐々に再開するところが増えてきました。
ただ、お客様がすぐには元通りには戻らないことやこの先に待ち構えている大不況の懸念、長期自粛に伴う資金繰りなどの様々な問題もあってかどのお店もこれまで通りという訳にはいかないようで、規模を縮小したり、営業方法ややり方を変えたり、中には撤退を決断したお店も多数見受けられます。
どのお店も不安を抱えながら手探り状態で再開を模索しているなーと感じています。

当店については、非常事態宣言期間中は規模を大幅に縮小し近隣の出れるスタッフだけで営業を続けておりましたが、「6月1日からはとりあえず通常営業に戻します」。
但し、蓋を開けてみないと分からない部分も多々あるため状況を見ながら軌道修正をかけていきたいと考えています。
ホットペッパーについてもとりあえずは本店のホットペッパーでまとめて予約を承り、Lianについてはお電話若しくは本店ホットペッパーで対応して様子を見たいと考えています。

また、検温や手消毒、換気などのコロナ対策については妥協はできないため、これまで通り「緩和はせずに対策の徹底継続」させていただきます。
ご不便をおかけしますが、お客様自身とスタッフの安全を確保するための必要不可欠な手段と考えておりますのでご協力の程宜しくお願いします。

通常営業

 

パーソナルトレーナーお勧めの「コロナ太り対策」(2)

こんにちは!
千葉市緑区おゆみ野にある、JR鎌取駅前「リラクゼーションサロン ぼでぃーはーと(本店)」と「ネイル/アイラッシュ/エステ&リラックスサロン ぼでぃーはーとLian」です。

ここ最近、コロナ太りで悩んでいる方が多いようなので、前回の「パーソナルトレーが実践しているお勧めのダイエット法」のブログの続きをお話します。

前回のブログでは「効率的に痩せるには食事療法が効果的であるが、食事療法は強い精神力がないと途中で挫折してしまう課題がある」話をしました。

今日はこの課題を克服するための「食事時間をずらすダイエット法」についてお話します。
まず、食事療法が続かない最大の原因は「食事量を減らすと一日中空腹感がつきまとい、ふとしたことで誘惑に負け食べてしまうこと」です。
「一日中空腹感がつきまとい、辛くなっても我慢しなければならない」ことでストレスも相当たまります。
なので、私は一日中空腹感に苛まれることがなく、ストレスもたまらない「食事時間をずらすダイエット法」を実践しています。

私は食べたいものは我慢せず食べる主義なので普段は1日朝、昼、晩の3食と夕方と寝る前の間食の計1日5食を食します。
間食といっても、例えば寝る前の間食はおやつに換算すると300円程度で販売しているお菓子大袋2袋とドリンク1リットル程度は食します。
なので半年位で10kg程度はすぐに増えます。
でも増えたらすぐに10kg減らせるので気のせず食べます。

具体的な方法としては、
まず朝は1日の要なので毎日きちんと食べます。
昼は、普段はおにぎり3個とおかずを食しますが、ダイエットの期間は食べる時間を後ろにずらし、辛くなったらおにぎりを1個だけ食べます。
食べる時間はバラバラですが概ね17時~20時頃で、慣れてくると夜まで食べない日もでてきます。
17時~20時頃におにぎりを1個食べると夜までは特に我慢をしなくてもお腹は持ちます。
そして夜は寝る1時間位前(お腹を空かさず眠れるギリギリの時間帯)に昼食の残りと17時~20時に食べたおにぎり1個分をプラスして夕食として食べます。

こうすることで1日5食食べていたものが1日2食に減るのでみるみる体重が減ってきます。
またこの方法は食事量を減らすやり方と違い辛くなったらいつでも食べれるのでストレスもたまりません。

興味のある方はお試し下さい。

体型改善1

パーソナルトレーナーお勧めの「コロナ太り対策」

こんにちは!
千葉市緑区おゆみ野にある、JR鎌取駅前「リラクゼーションサロン ぼでぃーはーと(本店)」と「ネイル/アイラッシュ/エステ&リラックスサロン ぼでぃーはーとLian」です。

ここ最近、ご来店されるお客様から「ずっと家にこもっているので太ってしまった」「毎日走っているのに全然痩せない」などの声を多く耳にするようになりました。
そこで今日は「パーソナルトレーが実践しているお勧めのダイエット法」についてご紹介します。

私は、元々某電機メーカーに勤務する傍ら副業でK社、S社、T社など大手スポーツジムと業務委託契約を結び十年近くパーソナルトレーナーとして活動をしていました。
トレーナー業務のニーズの半分以上はダイエットで、様々なお客様のご要望に対応するためにはスクールで習った数年間の知識だけでは不充分で、色々な専門書を読み漁り、自分の体を使って実際にあらゆるダイエット法を試みました。
そして辿り着いた結論が「効率的に痩せるには食事療法が効果的。でも食事療法は続かない」です。
トレーナーらしからぬ見解ですが、実際に試してみて運動によるダイエットは健康面では有効ですが、痩せるという点においては食事療法の方が断然効率的です。
また食事療法には、薬や特殊な食品を摂取し栄養の吸収を妨げる方法や食事量そのものを減らす方法などがありますが、前者は健康面の問題や人によって合う合わないがあり、後者は強い精神力なないと途中で挫折してしまう課題があります。

その中で私がお勧めし、実際に自分でも実践しているダイエット法が「食事時間をずらすダイエット法」です。
私は「食べたいものは好きなだけ食べる主義」で、普段は朝昼晩の3食の他に夕方と寝る前にも満腹になるまで食べ、概ね半年で10kg位は太ります。
そしてそのプラス10kgに達した時点でダイエットを始めまた元の体重に戻すを繰り返しています。

ブログの文字数の関係で具体的な痩せ方については次回お話しますが、
ポイントは「昼食を可能な範囲で我慢して辛くなったら何回かに分けて少しずつ食べることで、その後の間食2回と夕食を減らすこと」です。
食事量を減らすやり方との大きな違いは、辛くなったらいつでも食べれる点です。
お腹が減っても次の食事まで食べられないのと辛くなったら食べれるのでは苦痛の度合いが全然違ってきます。
詳細は次回お話します。

運動不足2

コロナ問題第2フェーズ移行に伴うギアチェンジ

こんにちは!
千葉市緑区おゆみ野にある、JR鎌取駅前「リラクゼーションサロン ぼでぃーはーと(本店)」と「ネイル/アイラッシュ/エステ&リラックスサロン ぼでぃーはーとLian」です。

コロナ感染者数が減少に転じ、ここにきて世の中はこれまでの「第1フェーズの自粛」から「第2フェーズの復興」に向けて大きく変化していると感じています。
各自治体では非常事態宣言解除に向けた対応を加速させ、これまで価格高沸騰/品薄だったマスクも在庫がだぶついて値崩れを起こし、これまで食って寝てゲームばかりして丸々と肥えてしまった我が家の大学生の息子でさえも先日から在宅学習が始まり活動を再開し始めました。

これらに伴い当店でも第2フェーズに向けてギアチェンジをしていきます。
ただ、復興で先行している中国や韓国の状況を見ていると非常事態宣言解除後に何度か集団感染を発生させているため、「当店のコロナ対策(検温、消毒、換気etc)については継続が不可欠」と考えています。
過去のウイルス問題経緯を見ても2波、3波を繰り返して終息には数年を要しているため、おそらく半永久的なコロナ対策の継続が必要と考えています。

またギヤチェンジに際しては、コロナ問題に伴うニーズの変化を加味した対応が必要と考えています。
例えば、お客様の来店時間帯をみても、これまでの午前中の主婦/帰宅時間帯のサラリーマンのニーズが在宅勤務の増加に伴い大きく変化しており、これに合わせたシフト変更が必要になります。
メニューについても、在宅勤務で肩/背中/腰の張りを訴える方が急増し、逆にコロナ感染を意識したフェイシャルや小顔、ヘッドスパが激減しているため、ニーズに合わせた見直しも必要になります。
更にこの先に待ち受けているだろう大不況に向けた店側の体質改善も不可欠になります。

この先はおそらく熾烈な淘汰が始まると考えています。
生き残るためにはこれらの世の中の変化を敏感に捉え、世の中のニーズに合わせて変化していくことが重要と考えています。

第2フェーズ

コロナ問題の後に控えている更に深刻な大不況問題

こんにちは!
千葉市緑区おゆみ野にある、JR鎌取駅前「リラクゼーションサロン ぼでぃーはーと(本店)」と「ネイル/アイラッシュ/エステ&リラックスサロン ぼでぃーはーとLian」です。

コロナ問題はここに来てようやく感染者数が減少に転じ、このまま第3波が襲来せずに推移してくれればどうにかこうにかピークは脱せられるかなーと推測しています。
ただこれまでの歴史を調べてみても安倍首相が言うような経済がV字回復することは100%ありえず、おそらく「コロナ終息後は自粛の反動で一時的には景気が回復したかに見えるものの、その後すぐに(スペイン風邪の後の世界大恐慌のような)長い長い大不況に突入する」と推測しています。

しかも今後訪れるであろう大不況はこれまで誰もが経験したことがない未曾有の世界規模の大不況であり、ここで舵取りを誤ると当店のような小さな店は瞬殺されてしまうと考えています。

政治家やマスコミはコロナ問題を乗り切ればこれまでのような経済活動を取り戻せるかのような無責任な発言を繰り返されていますが、個人的にはコロナ問題の後にくるだろう大不況の方が更に更に深刻な問題になるのでは?と考えています。

リーマンショック時には国の財政もそれなりに健全だったので50兆円を超える経済対策予算を注ぎ込んで苦しみながらも乗り越えられましたが、今回は少なくても100兆円を超えるコロナ対策予算を行使した後に訪れる大不況なので国の支援は期待できず、しかもコロナ問題で疲弊しきった状態で乗り切らなければなりません。

あるエコノミストは「この不況がコロナ問題前の経済状態までに回復するには4年を要する」と発言されていますが、個人的にはおそらくその程度では済まない深刻さだと考えています。

いずれにしてもコロナ問題を考える上ではその後に控えている大不況もセットで考え、手を打っていかないとこの局面は乗り切れないと考えています。
今回のコロナ問題はそれだけ深刻な事態と受け止めています。

大不況

ピンチをチャンスと捉え、変化に追従できる店作り

こんにちは!
千葉市緑区おゆみ野にある、JR鎌取駅前「リラクゼーションサロン ぼでぃーはーと(本店)」と「ネイル/アイラッシュ/エステ&リラックスサロン ぼでぃーはーとLian」です。

非常事態宣言の1か月延期が決まり、お店の経営者にとっては一筋の希望も消え目の前が真っ暗になっている方も沢山いらっしゃると思います。
何とか5月7日まではと必死に頑張ってきたのに、ここにきての更に1か月の延長は正直相当きついです。

ネットなどでも様々な経営者の悲痛な叫び声が紹介されていますが、店を経営していくには家賃や(当店の場合は家賃より高い)ホットペッパー掲載料など、店を休業しようがしまいがかかってくる固定費があり、しかもホットペッパーは途中解約すらできないため、この先何があってもずっと高額な費用を支払い続けなければなりません。

しかもこの先は経済活動の破綻に伴い、失業者は溢れ、物価は上昇、物資は不足、国も借金まみれで頼りにならない中での舵取りを余儀なくされます。
おそらく、誰にとっても未曾有の状況と思います。

でも、こういう時だからこそ逆にビジネスチャンスも生まれます。
コロナ終息後はおそらく在宅勤務や通販、宅配がスタンダード化し、都市部への人の集中は大幅に緩和されると予想されます。
また、企業やお店も大幅に淘汰され、勢力図や様相も大きく様変わりすると予想されます。

暗い話ばかりしていても仕方がないので、現実を受け止めてしっかりと先を見据え、ピンチをチャンスととらえて変化に追従できる店作りをしていきたいと思います。

未曾有

店舗情報

〒266-0031
千葉市緑区おゆみ野3-17-7 沖ビルA101

TEL:043-300-0555(10:00~20:00)
080-6673-6600(8:00~23:00)

営業時間(年中無休)

全日 9:00~23:00

スタッフ常駐は10:00~21:00
※~10:00と21:00~は要予約
※23時以降は応相談
※電話受付は8:00~23:00

アクセス

JR鎌取駅南口より徒歩1分
イオン鎌取店(ゆみ~る)向い
パチンコピーアークおゆみ野店隣

※店舗前駐車場有
各種駐車券補助制度有

アクセス

店舗地図